新居浜市、市制施行80周年!ふるさと映画企画!

こんにちは、コウジです。

市制施行80周年の記念に新居浜ふるさと映画という企画が進行しているようですね!
映画の公開時期は2018年春の予定らしいです。

「つむぐ」は過去から現在・未来に向けて、一本の糸をつむぐように、新居浜の歴史に感謝しながらも新たなる新居浜を作っていきたい。「つなぐ」は世代を超え、時空を超え(新居浜に今住んでいる人、かつて住んでいた人など)新居浜に関わるすべての人がつながり、新居浜を盛り上げていきたい。

このような想いを未来へ、そして人へつないでいく市制施行80周年に相応しいふるさと映画を企画しました。

出典:あかがねミュージアム[新居浜ふるさと映画実行委員会]
だそうです。
作品について

監督

「海すずめ」や「瀬戸内海賊物語」でもお馴染みの大森研一監督。
瀬戸内海賊物語は見ました!
前回に引き続いて大森監督が旗をふるようです。

内容

6月20日目処に台本が完成するって書いてあるけど、その後どうなんだろう?
一応概要としては「新居浜市を舞台に若者たちや家族を描く温かな物語。」ってあるけど、ざっくりしててよくわからん。
別子銅山や太鼓祭りとか地域の魅力をとかって新聞に書いてありましたが、物語の中でどう表現されるんでしょうねぇ。

ロケ地

ロケ地は新居浜市が中心とのことで、2017年の秋頃から市内でロケが始まります。
もしかしてお祭りの映像とかも撮るの?…まさか、ねぇ?

協賛

勤務先にも来ましたが、協賛を募集しているようです。
市の事業予算ではまかなえないようですね。
ちなみに17年度の予算案に事業費2400万円の計上らしいので、やっぱりちゃんとした映画を作るとなると物凄いお金かかるんですねー。

★てことで、宣伝をはさみます★

◎映画概要
監督:大森研一(映画「海すずめ」「ポプラの秋」「瀬戸内海賊物語」など)
公開時期:2018年春予定
映画内容:新居浜市を舞台に若者たちや家族を描く温かな物語。
◎協賛金について
お申し込みコースにて各特典を設けております。
(1)300,000円コース(下記特典A)
(2)1,000,000円コース(下記特典B)
(3)3,000,000円コース(下記特典B+C)
(4)5,000,000円コース(下記特典B+C+D)
(5)10,000,000円コース(下記特典B+C+D+E )
◎協賛特典
【特典A】・エンドロール掲載 (口数により文字サイズが異なり、製作者指定書体)
・先行イベント券2枚※ ・映画鑑賞券5枚 ・記念グッズ3個
【特典B】・エンドロール掲載 (口数により文字サイズが異なり、製作者指定書体)
・先行イベント券10枚※ ・映画鑑賞券10枚 ・記念グッズ5個
【特典C】・企業ロゴにてエンドロール掲載
・本編中にて企業商品もしくは社名入り看板等の露出(内容相談)
【特典D】・企業プロモーション、CFに映画内映像(予告編内)使用可能
【特典E】・パンフレット広告掲載(1頁)
◎注意事項
『先行イベント』とは、予定内容:予告編上映・出演者トークなどを差します。
募集期間:2017年3月1日~2017年3月31日まで(第一次締切)
本映画への協賛金は「広告宣伝費」扱いとなります。
◎お問合せ
新居浜ふるさと映画実行委員会事務局(あかがねミュージアム内) 愛媛県新居浜市坂井町2丁目8番1号
TEL:0897-31-0305 FAX:0897-31-0306 (担当:皆尾)Email:h.minao@hearts.ne.jp

出典:あかがねミュージアム[新居浜ふるさと映画実行委員会]

ぜひお金に余裕のある方は協賛をしましょう!
できれば(5)のコースで!(笑)

まとめ

今回は得に新居浜にスポットをあてての映画なので、新居浜市民としてはとても興味深い作品になりそうですね。
結局私は瀬戸内海賊物語を見たって言っても会社にあったDVDを見ただけなので、次はぜひ劇場で見ようと思います!