SEO対策って何?

こんにちは、コウジです。

今回はSEO対策についてです。
自社のホームページを持っていると一度は必ず「御社のホームページのSEO対策しませんか?」というような営業の電話がかかってきます。
大体の人は良くわからないし、重要性も感じないし断ると思います(笑)
SEO対策ってなんでしょう?
SEO業者の方には怒られそうですが、実際どうなのよ?ってお話をしたいと思います。

ところでSEOって何?

SEOとは、Googleなどの検索結果でホームページをより高順位で表示させるための取り組みのことです。
SEOはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略称です。

Googleのガイドライン

まずは検索サイト最大手(一人勝ち)のGoogleではウェブマスター向けにガイドラインを作っています。
見てもありふれた情報しか書いていませんので見なくて大丈夫です(笑)
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

要約すると、「ユーザーに有用なコンテンツを作りなさい」としか書かれてません。
検索結果を上げるための基準なんて何も書かれていません。一ミリも書かれてないのです。

SEO対策の虚しさ

結局のところどうやったら検索結果が上がるかなんてgoogleしかわかりません。
そしてそのロジックは国家機密級のブラックボックスです。
よく言われるSEO対策を施しても、検索結果で順位が上がらない事もあれば、何もしなくても良い結果になったりします。
情報がユーザーにとって有用であれば、正直言ってページの作り方なんてどうでも良いです。
だからSEO対策に費用をかけるのって物凄く虚しいのです。

業者に踊らされてSEO対策にお金をつぎ込むくらいなら、コンテンツを更新する人員を雇うか運用を代行してくれる業者に依頼した方が100倍マシ。

SEO対策の基本

SEOの基本はコンテンツの有用性とアクセスです。
公開されているコンテンツがどのくらい有用な情報であるか。
そして有効なアクセスがどの位あるか。

雲を掴むようなSEO対策に費用をかける前に、コンテンツの見直しや運用方法の見直しをオススメします。